So-net無料ブログ作成
検索選択

沙織と陸上競技 [IDDM]

以前、日本IDDMネットワークの会報誌に連載した記事です。

平成19年秋から20年春にかけての連載で
おやぢの事故により途中で終わっていますが
その辺はご容赦をm(_ _)m

このファイルが残っていたおかげで大切な思い出が[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
手を加えずそのまま掲載します。

≪7/6 追記≫

1型糖尿病患者さんにも金メダリストがいます。
インスリンはドーピング禁止薬の一つですが
治療の為に使用している事を事前に申請しておけば[決定]

そのメダリストの記事です(アメリカなので英語です[あせあせ(飛び散る汗)]

おやぢもですが、そんなの読めないので訳文を・・・ここを[るんるん]

訳してもらったのは、劇症型のアラフォーじゃなくてお嬢さん[どんっ(衝撃)]
 Dia・・・ ←いろんな意味が含まれていますよね[ひらめき]

 

 

沙織と陸上競技  

 小4の娘の変化に気付いたのは平成10年3月の終わり。多くの方と同じように多飲・多尿からでした。妻は今も4月18日の初診日を覚えています。その日、近所のクリニックから総合病院を紹介されて1型糖尿病との付き合いが始まりましたが、自己注射をする娘の気持ちを思うと夜も眠れず、親子共々病気を受け入れられない日々が続きました。それでも日々、病気と正面から向き合っていかざるを得ない現実。それならばと発症以前の学校生活に近づけるようにスポーツ少年団(ミニバス)やスイミングも再開しました。コントロールが上手くいかず体調の悪いこともある中でも、好きだったスポーツを続けることによって少しずつ彼女の自信も付いてきたようです。  

 2年間の小学校生活を終え、中学で彼女が選んだ部活が陸上部!?親的には驚きでした。兄の影響や音楽も好きだった事からてっきりブラスバンドを選ぶものだと信じていました。その時は、何故?と聞かなかったのですが数年後聞いたときの返事が「運動を続けていた方がコントロールにも良いかな?」との思いだったそうです。実は、この言葉で少し凹みました。発症していなかったら彼女は迷わず音楽を選んだだろうと・・・。
 
入部して、最初は中・長距離を目指していたようですが先輩の誘いなどから、気がつけば砲丸投げへ。あんな細い身体で鉄の玉が飛ぶんか!と。しかし学年が上がるにつれて入賞そして表彰台へと成績は伸びていきましたが、結局一番高いところは無理でした(^^;)

 中3の夏も終わり、さぁ~受験勉強と親は思っていましたがジュニアオリンピックの県予選に出ると言い出すではありませんか。それもやったことのない円盤投げ!!所が、驚きの1位でジュニアオリンピック出場決定!!初めての全国大会(^^)本大会では予選を通過して決勝進出が出来ました。これによって1型糖尿病の自分が全国でも通用する事を感じたのじゃないかと思っています(この時の記録は県中学記録として今も破られていません) 

 
出場にあたり、IDDMママから一通のメールが「インスリンはドーピング禁止薬物です!」と・・・(激汗)生きていく上で必要不可欠のインスリンでドーピング!?当然、県内関係者は誰も知りません。日本陸連や関係ありそうなWebサイトを探しても禁止薬物とは書いてありますがそれだけ。大会も近づき焦って陸連にどうすれば良いの?とFaxを送った所、返事は全て英文の治療目的申請用紙だけ。国際ルールのため記入が英語は仕方ないにしても日本語説明文の一枚も付けられていません。悪用する人がいる限りルールはルールで尊重しますがこれって、陸連としては理由の如何に関わらず禁止薬物を使用している選手は出場してほしくないって事?と勘ぐってしまいます。
 
この大会以降、全国大会ではドーピング検査の可能性があるので毎年欠かさず申請をしていますが、この事を糖尿病に関わる方々に訴えても反応はいまいちで少なからず憤りを禁じ得ません。最初にドーピングの説明した時、黙って聞いていた彼女の気持ちを思うと今でも「納得できねぇ~!!」
 
※メールを頂いたIDDMママの娘さんも同大会他種目に出場されており、後年国体で優勝されています。 

 ジュニアオリンピックは毎年、10月の終わりに開催されています。と言うことはそれまでず~と勉強もせずに練習していた訳で、今更ですが受験勉強と思った親の心配をよそに全国で通用したことから高校でもやるぞ!!と鼻息も荒くそれまで以上の練習量(>_<) 入学試験に合格しないと高校に入れないよ!分かってるの??
幸いにも高校からお話があり中学の推薦も得られて無事高校生に。 

 入学式も待たずに(3月20日過ぎ)高校生に混じって練習を始める“あんた”はいった何者?で始まった高校生活でしたが高校1年のインターハイは北信越予選止まり(9位)で終わりました。
 
その年、オフシーズンのうちにと1年の冬にランタスを導入し単位数調整時に初めての低血糖昏睡で意識を失い初めて救急車のお世話に(^^;)練習中にも一度動けなくなりコーチからSOSが・・・。駆けつけた頃には復活しておりコーチや部員も補食(部室にあったまんじゅうなど)で回復する様子を目のあたりにしていました。もう時間も遅いので一緒に帰ることにしましたが、家では無口の彼女がよくしゃべる!オマケに結構人気者だし・・・親にすれば意外な?一面を発見したおやぢでした。ランタスが上手く使い始めてからはA1cも1%程度下がり、記録は逆に上がって高校2・3年と2年連続インターハイ出場がかないました。コーチの方々のおかげですm(_ _)m 

 高校3年間は、朝6時30分頃の電車に乗り帰りの電車が駅に着くのは午後9時頃こんな日が360日ほど続いていました。“陸上命”を地でいっていましたねぇ~(苦笑)
 
インスリンは、Q・Q・Q・Nで始まりお昼をRにしたり眠前をGに変更して過ごしました。部活終了後(8時頃)電車に乗る前にコンビニやマックで買い食いする事が多かった様です。因みにその時インスリンは打っていません。毎日腹が減って測る元気もないし低血糖に間違いないと本人談(苦笑) 
 
また、測定値は月に1回PCにダウンロードして日々親は見てはいません。データを1ヶ月のグラフにして流れを見る程度にしていました。また、大会がある日は測定しません。感覚で決め打ちしていたようですが原則は高め。低血糖で倒れた日には競技どころではありませんよね。 

※冬場もほぼ毎日練習しているのでA1cの季節変動が少ないかと思いきや
  
毎年、綺麗な曲線を描いています(冬が高く夏が低い)

 そんな高校生活で忘れられない事が1つ。時々、マスコミの取材を受けていたのですがある日はプッツンと!!後から理由を聞くと陸上の話のついでに糖尿病の話題は有りだけど、逆はあり得ない!!陸上に関しては彼女なりのプライドがあったようです。親としては1型糖尿病を世間にも正しく理解して貰いたいので、ちょっとした広告塔?になって欲しい所はあったのですが納得です。 


 高校生活最後の公式戦(北陸選手権)を優勝で飾り、今後の進路は?
勉強はしたくないけど陸上は続けたい・・・と悩んでいる所に、福岡大学から特待生の話が(^^)無名の大学でしたが指導者はおやぢでも知っている全日本記録保持者がコーチするとの事で親としては問題ありませ~んと二つ返事!!と言いたい所ですが、簡単には行きませんよね。一応、女の子だし・・・。
 
でも、富山から遠く離れた福岡での一人暮らしを心配する親を尻目に沙織は行く気満々!夫婦での結論は、行かせない訳にはいかないだろう。一人でコントロールしてきて好きな陸上で頑張りたいという子供を快く送り出す以外の選択肢は無いと。この結論は沙織自身が親に示してきた高校生活での信頼が後押ししたといえます。 後は新しい通院先ですが、福岡と言えば南昌江先生でしょう?幸い松山でお会いする機会があったのでお願いしちゃいました(^^;) 

 平成18年春より大学へ!!が、行ってからはほとんど連絡無し!母親がメールしても返事は「うん」か「だめ」簡単なものです・・・(涙) 帰郷も富山や北陸地区での大会に合わせてだけです。
 
1年目、2~3回の帰郷時に見る血糖値は悲惨なものでした・・・慣れない土地での初めての一人暮らし、親には一言も言いませんが血糖値は正直かなと。南先生に会ったときにどうですか?と聞いても「まあ・まあです」まあまあ・・・って300,400当たり前じゃ困るんですが。たぶん、二桁近くになっていたと思いますが2年目の今年はぐ~と下げました。高い所で200程度なのでまずまずかなと思っています。生活パターンとストレスが落ち着いてきたのと沙織もそれなりに問題意識を持って取り組んでくれたからだと思います。

 


nice!(0)  コメント(7) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 7

ウィリー

会報誌のほうも、共感したりしんみりしたりしつつ
読ませてもらっていました。
日々積み重ねていって振り返ったときの
あんな事やこんな事。
文章に残しておいて下さってありがとうございます

私も、先々に不安を覚えつつ
まずは今日一日を無事に終えることが出来るようにと。
でも年々月日がたつのが早く感じられるし
物覚えがますます悪くなってきて.....
トシやぁ~ d( ̄0 ̄*)アウチ!
by ウィリー (2008-07-06 11:40) 

沙織(父)

ウィリーさん
日Iネットから話がなければきっと残していなかったと思います(汗)

アラフォー世代は、年を感じ始める年代でもあるのですかね(^^;)




by 沙織(父) (2008-07-06 15:53) 

my

アラフォーで悪うございました・・・ぶぅー。

じょーだんです。

沙織さんの競技者としてのご苦労がよーくわかりました。
私もちょっとだけ、運動します。
私のレベルでさえ、途中で低くなってやめなきゃいけない日が何度もあります。
沙織さんや、回りの方たちのご努力に頭が下がります。


さて、風さんからメールを頂きました。
MYブログなら構わないでしょうか?
「だめ」の一言ですぐ、削除します。
ご一読ください。
人づてだったので、「だめ」のトリアージが判らなくて・・・。
by my (2008-07-07 19:14) 

沙織(父)

myさん
>私もちょっとだけ、運動します。
違うでしょう!!筋肉とビールのかたまりでしたよ(^_^;)

え~、さり気なく有難うございましたm(_ _)m


by 沙織(父) (2008-07-07 20:56) 

my

えー、さりげなく、よかった。

>違うでしょう!!筋肉とビールのかたまりでしたよ

筋肉とビール腹ってきこえます・・・。
ぶぅ・・・・。


by my (2008-07-07 22:07) 

中新井 満

中新井美波のオヤジです。私と同じ人がいたのですね。
by 中新井 満 (2013-09-13 17:03) 

青木真由美

娘さんすごく努力家だけど頑張っているところは親に見せたくない??反面心配しなくて大丈夫・・と。
見習いたい所が沢山あります!
by 青木真由美 (2013-12-29 11:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。